心豊かな木の住まいづくりのお手伝い やまがたの木で家づくり

HOME 木ってなぁ~に > 木は目に優しい

木は目に優しい

木造住宅の誇りは、木がもっとも優れた住まいの建材だということです。
木に包まれた日常は、健康的で心地よく、
また、年輪が列する木目は美しく、暮らしに潤いをもたらします。

 夏、強い日差しが道路やビルに照り返し、目が疲れることはありませんか。木材は、表面にミクロ単位の細かい凹凸があり、これにより光が散乱して反射が弱められるため、目にやさしく、また、やわらかな光沢と質感を生み出すのです。

繊維の方向に光を当てたとき:光の多くが正反射(壁面反射)する。
繊維に直角に光を当てたとき:細胞内壁面で散乱し、反射を抑える。
資料:木材利用啓発推進調査事業報告書 光・視覚編
(財)日本住宅・木材技術センター(1990)

 

sub-knowledge

気持ちがなごみます

自然がつくりだした不規則な年輪模様やその色合いは、気持ちをなごませる効果があるようです。


個人情報の取扱いに関して