心豊かな木の住まいづくりのお手伝い やまがたの木で家づくり

HOME 「やまがた県産材合板」認証制度 > 合板認証制度説明について

合板認証制度説明について

kugirisensinyoujyu.jpg 

合板認証制度の説明
やまがた県産木材利用センター
 
1・認証合板制度の仕組み
  センターは、「やまがた県産材合板認証事業実施要綱」を制定し、これに基づきJAS認定を受けた合板工場と協定書を締結し認証制度の運用を行う。協定工場への原木納材は、要綱で認定した山形県森林組合連合会並びに山形県森林整備事業協同組合連合会とする。
   
   協定書の主な内容
    1)認  証  機  関 :やまがた県産木材利用センター
    2)協  定  工  場 :西北プライウッド㈱(石巻工場)
                  セイホク㈱(石巻工場)
    3)製  品  規  格 :針葉樹合板(構造用合板・型枠用合板)
    4)製  品  規  定 :山形県産材を100%使用する。
    5)原木・製品の確認:センターは、「やまがた県産材合板製造工程の分別管理の方法」に基づきセンタ  
                                               ーが確認する。 工場は、原木の納入数量・製品出荷量をセンターに毎月報告す
                                                る。
    6)表  示  方  法:製品各枚、各ロット毎に印字する。
    7)品  質  責  任:工場が責任を持つ。
    8)販  売  方  法:センターは、製品販売について普及・協力する。工場は、県内販売店等に行き渡る
                                            ように拡販を行 う。
 
2・商流
  商流については、既存の流通(商社・問屋)とセンター流通の2つの商流とする。センターの流通は、主に公共事業等を対象にセンターの販売会員へ販売する。
        制度と商流の仕組み図.pdf
 kugirisensinyoujyu.jpg

 


個人情報の取扱いに関して